MENU

アコムの審査を受ける時の注意事項

【アコムの審査はどのように行われているか】

 

アコムの審査スピードは業界内でもトップクラスで、申し込み終了後、最短30分で完了します。申し込みは、店舗、無人契約機、インターネットなどで行えますが、どこから申し込んでもこの早さです。

 

また、審査を通過する割合も高く、人気の高いカードローンとなっています。たった30分間ですが、アコムではその間に利用者の情報をキチンとチェックしています。

 

個人信用情報機関では、過去に金融機関を利用した個人の情報が共有されていて、利用者に問題がある場合には、すぐに分かるようなシステムになっています。

 

たとえば、他社の審査に落ちた記録や、延滞や停止処分などを起こした記録が一定期間に渡り残っています。アコムの審査担当者は、この機関を利用し、自社の審査基準に照らしあわせて短時間で審査を行っています。

 

審査に通るか半信半疑な時は、「3秒診断」を使ってみましょう。匿名で審査のシミュレーションが出来ます。いわば仮審査のようなものです。

 

コレだと、もし落ちたとしても記録が残らないので安心です。

 

審査をスムーズに行うための5つのコツ

 

申し込み時に記入する内容に不備があると審査を長引かせるばかりか、場合によっては審査に落ちてしう可能性があります。

 

落ち着いて記入し、記入後はよく見直しをして提出しましょう。

 

本人情報を表す項目は間違いのないように

 

住所や電話番号などに不備があると、再確認の必要がでてくるため、せっかくのスピード審査も意味がなくなります。

 

また、身分証などの必要書類の画像がぼやけて読み取れない問題も多いようです。

 

パソコンによる入力に慣れていない人は、変換ミスや、半角数字、ハイフンなどの入力ミスにも気を付けましょう。

 

勤務先の情報は間違い、虚偽のないように

 

アコムは審査後に勤務先へ在籍確認の電話をします。

 

そして、この確認が取れるまで融資を受けることは出来ないようになっています。

 

失業中に生活費にこまって申し込む人が、前に勤めていた会社を記入する事例がよくあるようです。

 

嘘を申告しても、確認時にバレてしまい信用も失ってしまいます。勤務先は間違いのないように申告しましょう。

 

他の業者からの借り入れ状況も正直に

 

他の業者からの借り入れ件数、金額も正確に申告しましょう。

 

アコムは、個人信用情報機関でチェックを行うので、申告内容に間違いがあると審査に悪影響を及す可能性が高まります。

 

借り入れ残高を正確に把握していない場合は、事前に電話などで伝えておいたほうがよいでしょう。

 

年収も正確に

 

消費者金融の審査基準の中で、年収はそれほど重要な要素ではありません。

 

それよりも、虚偽の記載をして信用を失うリスクのほうが大きです。正直に申告しましょう。

 

利用限度額は必要最小限に

 

利用限度額が大きいほど、当然、審査は厳しくなります。必要ない分まで枠を大きくしないほうが無難です。

 

また、後で必要になった場合は、その時に改めて限度額の引き上げを行うことが出来ます。

 

遅延などを起こさずに利用していれば、信用度が上がり、限度額の引上げもより容易になります。

 

最速カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日